マンションを貸したい時に考えること

家賃は自分で金額が設定できる

家賃は自分で金額が設定できるので、その分が収入になります。
貸し出す部屋数が多ければその分、収入も期待できることになります。
住宅ローンの控除にも活用できるものがあり、上手に立ち回ることができれば立派な収入となります。
その一方で管理の大変さというのがデメリットになります。
例えば共有スペースがあれば、そこの清掃や管理は貸している側が行うことがほとんどです。
その他にもそれぞれの部屋で起こりうる問題が生じた場合は、対応が必要になってしまいます。
水道トラブルや設備の故障はいつ発生するかわからないため、その都度対応が求められます。
家賃も必ず入居者が決まった日に払ってくれる保証もないため、その時は個別に徴収する手間もあります。
そして空室になってしまうと、その期間家賃収入が得られなくなってしまいます。
住宅ローンがある場合は、空室になってしまうリスクが一番大きく、長期で空室が続く場合は家賃の値下げなどで対策もしなければなりません。

マンション賃貸にはいくつか方法があります家賃は自分で金額が設定できる不動産会社に賃貸の管理を依頼することも